忍者ブログ

森林ランタンブログ(ハンドメイド/イラスト)

ハンドメイド作品、オリジナルTシャツ、有料イラスト素材、自己流SEOについて、のんびり紹介しています。

インデックスされやすい画像のサイズとは?

注意:あくまで個人の意見です。下記の方法を実行しても、必ずインデックスされるとは限りません。
またここで言う「インデックス」とは、SEO用語で使用される「検索エンジンGoogleにWEBサイトのデータが登録される」と言う意味と「データが登録され、さらに検索エンジンGoogleで検索すると検索結果で表示されるようになる」という意味で使用しています。

インデックスされやすい画像のサイズとは? アイキャッチ画像

画像がインデックスされない

最近、ハンドメイド作品の写真やイラスト素材のサンプル画像をサイトに掲載していて、ちょっと気になったことがありました。

400ピクセル×400ピクセル以上の大きさの画像はsiteコマンドで表示されるのですが、そのサイズ以下の画像は表示されません。
試しに横400ピクセル×縦267ピクセルの画像がインデックスされるか待っていたのですが、一向に現れる気配がありませんでした。

これは、できたてほやほやの画像メインのサイトとしてはとても痛手です。
いろいろ検索してみたのですが、記事の長さや文字数に言及しているSEOサイトはたくさんヒットするのに、画像の大きさについて具体的に説明されているサイトはありませんでした。

インデックスされやすい画像のサイズとは?

Googleで画像検索してみると、検索トップに表示されるのは中~大の画像が多いと個人的には感じます。

しかしながら、プロフィール画像などの重要な画像は小さいサイズでも即インデックスされましたし、アフィリエイトや広告で自動取得されてきた画像もサイズは関係なくインデックスされていましたので、サイズは関係ないという見方あると思います。

でも、やっぱり検索の上位に表示されたいですよね。
せっかく作った画像が検索結果に表示されないのであれば、チャンスを逃してしまう可能性があると思います。

なので、あくまでもインデックスされるチャンスが大きくなる程度と考えながら、先ほど書いたような数少ない私の経験から導きだしたところ、インデックスされやすい画像サイズは縦と横のサイズを合わせて800ピクセル以上なのかもしれないなと感じました。
もちろん、サイズが縦横合わせて800ピクセル以上でもインデックスされていない画像が大半ですが。

結果、画像サイズは大きい方が良いように聞こえますが、大きすぎるとサイトの読み込み時間がかかってしまうので程々が良いと思います。
個人意見ではありますが、縦横合わせて1000ピクセルを超える大きい画像は、サムネイルを用意して拡大リンクをつけてあげるのが良いのかもしれません。
(ちなみに、このブログの拡大リンク先にある大きな画像は、今のところインデックスされた後ずっと上位に表示されています。)

もちろん、記事の内容(記事へのGoogleの評価)が大きく関係しているとは思いますので、あくまでもご参考程度で。

昔は全体的にパソコンのスペックが低かったので、サイトの表示時間に影響が出ないように小さいサイズで画像を作るのが主流でしたが、今(2016年現在)では高スペックのパソコンが多いので、それに合わせてインデックスされやすい画像のサイズも変わってきたのかもしれません。
なので、今後も時代の流れに合わせて変わっていくと思います。

時代の流れに左右されにくい知識を身につけたい方に。

PR

プロフィール

ふぉれすとらんたん(Forest Lantern)のプロフィール画像
HN:ふぉれすとらんたん(Forest Lantern)
オリジナルのイラスト素材やTシャツを販売しています。また、ペーパークラフトの展開図(型紙)を無料で公開しています。

P R